【2021年度最新版】宮崎県立都城西高校の難関大学合格実績

難関大学合格者数 2021年度入試

フロンティア科(40名) 普通科(200名) のうち現役合格者のみ集計

( 難関国立10校+ 早慶上理 + GMARCH+ 関関同立 ※医学部医学科は別で集計 )

(都城西高校普通科は近年定員割れ を起こしているため、実際は200名より少なくなります )

・ 難関国立大学(医学部医学科除く) 現役合格 1名

  東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、筑波大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学(1)

・難関私立大学 現役合格 0名

  早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、明治大学、中央大学、立教大学、青山学院大学、法政大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学

・医学部医学科 現役合格 ?名

  ※ 合格大学の学部を公表していないため不明

地方国立大学の合格実績に注目

難関国立大学(医学部医学科除く)

  都城市で難関国立大学を目指すなら、都城西高校は厳しい合格実績であるのが現状です。2017~2021年度の実績を見ても、難関国立大学の合格実績は筑波大学1名、九州大学1名のみになります。

 ただし、ここに記載はしていない宮崎大学や鹿児島大学といった 地方国立大学には毎年30~40名ほどの合格者を出していますので、地方国立大学を目指す学生にとっては有望な高校であるのは間違いありません。

難関私立大学

 都城西高校は難関私立大学の合格者数はとても少ない印象を受けます。なお、福岡大学や久留米大学といった中堅大学には毎年10~20名ほどの合格者を出しているようです。

補足

 ここは私の個人的な見解ですが、都城西高校の学生も最難関は難しいにしてもいわゆるGMARCHや関関同立といった大学群には普通に合格できる能力を持っていると思います。ただ、合格のカギである情報や戦略を知らないだけで、チャレンジしていない学生が大半なのでは?という印象です。受かる能力や可能性を持っていながら挑戦しないのは非常にもったいないことだと思います。
 もし上位校を目指したい学生やその保護者の方、私でよければ相談に乗りますのでご連絡ください。

医学部医学科

 学部の詳細は非公開らしく、集計できませんでした。

都城西高校で難関大学に合格するには

 上記の難関大学合格者数と都城西高校の生徒数(約240名)を考えると、都城西高校で最難関〜難関の大学群に合格するには、 学年順位でだいたい上位1%(学年1~3番以内)の位置にいることが必要となります。

 総じて、都城西高校は大学進学において、 おおよそ地方国立レベルの大学を目指す高校であるといえます。宮崎大学をはじめとした地方国立の合格実績自体は確かなものがありますので、将来的にその地方での就職を考えている学生にとっては十分選択肢の一つになり得る高校であると思います。

 みや塾!で都城西高校に合格しよう

みや塾!の特徴

  • 講師の学歴は国立・難関私立大以上

 当塾で指導に当たる講師の学歴は国立大・難関私立大卒以上です。学習塾では誰に教わるかがとても重要ですから、講師の経歴は可能な限り公表しています。

  • お手頃料金で最高の学習環境を

 他の塾と比べて圧倒的に安い料金で最高の学習環境。週3回の通塾 + 土曜日のプログラミング・学力向上教室を考えると、1時間あたりの受講料は500~650円です(料金案内はコチラ)。

 シンプルで透明性のある料金体系にしたいとの思いから、入塾代も不要です。

  • 効率を重視したカリキュラム

 時間のほとんどをテキストの暗記、計算、テストとそのやり直しに使い、理解度に合わせて個別指導を適宜入れていきます。※ 2022年3月より最新の映像授業を導入予定です。

  • 先取り学習の推奨

 目標を中学、高校受験に設定するならば、学年の区別なく一刻も早く全出題範囲を終わらせることを推奨します。残りの期間を、過去問をひたすら解き続ける時間にできれば志望校への合格がグッ!と近づきます。

  • 当塾の目指すところ

 「地方でも最高の学習環境を整備したい」

 保護者様が安心して大事なお子様を入塾させられるように、透明性のある教室づくりに努めます。お手軽な料金設定、質の高い講師陣と効率的なカリキュラム要、最高の学習環境でお子様の選択肢を広げましょう。ご入塾お待ちしています。