城商業高校が変わる!新2学科を解説【商業マネジメント・情報ソリューション / 2022年度入試から】

商業科(80名)・会計科(40名)が商業マネジメント科 (80名)へ

経営情報科(40名)が情報ソリューション科(80名)へ

 令和4年度(2022年度)入試から、都城商業高校は上記のとおり3学科が再編されて2学科制になります。

 都城商業高校の学科紹介ページでは、既に2学科の紹介が掲載されていますので、確認しておきましょう。

都城商業高校としてはIT人材の育成にチカラを入れたい

 実質的に商業科・会計科が人数減経営情報科が人数増となっていることからも、都城商業高校がIT人材の育成にチカラを入れていこうとしているのは明らかです。

 この背景を私なりに推察すると、

  • 世の中的に一般職(事務職)採用は減少傾向にある

 という理由がまず挙げられます。この傾向は年々強まっており、例えば、みずほ銀行の一般職採用は2016年ごろまでは1000人規模で行われてきましたが、それ以降年々減り始め現在では一般職採用はなしの状態です。この傾向は金融業界で特に強いですが、一般事務や会計という分野は特にITとの相性が良く、今後あらゆる業界で事務職がITに代替される傾向が波及すると予想されています。

 都城商業は事務職への就職実績を強みとしているので、この影響を強く受けることになります。企業としても機械やITに代替できる人材よりも、ITを高いレベルで使いこなせる人材が欲しいと考えるはずです。都城商業としても企業からより求められる人材の育成強化に舵を切ったということだと思います。

企業に求められるIT人材を目指すなら情報ソリューション科

 ITに強い人材になりたいと考える学生にとっては、経営情報科(40名)が実質的に募集増で80名となったことはいいニュースです。

 都城商業では経営情報科の倍率が最も高く(2021年度では推薦 1.65倍、一般 1.45倍)、入学したくてもできなかった学生が毎年出ていましたが、2022年度入試から募集人数にある程度の余裕が出ます。もちろん、再編による注目度の高まりや、世の中的にIT人材の需要が高まっていることからも、より高倍率になることも予想されるので、志望する学生は日々の学習を怠らないようにし、万全の体制で受験に望んで欲しいと思います。

みや塾!で都城商業高校に合格しよう

みや塾!の特徴

  • 講師の学歴は国立・難関私立大以上

 当塾で指導に当たる講師の学歴は国立大・難関私立大卒以上です。学習塾では誰に教わるかがとても重要ですから、講師の経歴は可能な限り公表しています。

  • お手頃料金で最高の学習環境を

 他の塾と比べて圧倒的に安い料金で最高の学習環境。週3回の通塾 + 土曜日のプログラミング・学力向上教室を考えると、1時間あたりの受講料は500~650円です(料金案内はコチラ)。

 シンプルで透明性のある料金体系にしたいとの思いから、入塾代も不要です。

  • 効率を重視したカリキュラム

 時間のほとんどをテキストの暗記、計算、テストとそのやり直しに使い、理解度に合わせて個別指導を適宜入れていきます。※ 2022年3月より最新の映像授業を導入予定です。

  • 先取り学習の推奨

 目標を中学、高校受験に設定するならば、学年の区別なく一刻も早く全出題範囲を終わらせることを推奨します。残りの期間を、過去問をひたすら解き続ける時間にできれば志望校への合格がグッ!と近づきます。

  • 当塾の目指すところ

 「地方でも最高の学習環境を整備したい」

 保護者様が安心して大事なお子様を入塾させられるように、透明性のある教室づくりに努めます。お手軽な料金設定、質の高い講師陣と効率的なカリキュラム要、最高の学習環境でお子様の選択肢を広げましょう。ご入塾お待ちしています。